つい最近まで夏だったなぁと思っていたのですが、気付けばもう10月も終わりそうですね。『10月』と聞くと「秋の季節だ」と想像する人が多いと思います。ですが次に来る11月は、人によっては「秋」と答える人もいれば「冬」と答える人もいそうですね。そう考えると、夏どころか秋も終わってしまうのかと感傷に浸ってしまいます。月日が流れるのは早いなぁとも痛感してしまいますね。

昔なら、8月の終わりになって夕日が沈むのが早くなったことを感じると「もう夏が終わるのか」と寂しくなっていたような気がするのですが、今ではそんなことを感じる暇すらありません。あっという間に8月が終わって、10月さえも終わろうとしている今に驚いています。

そして何より驚かされるのが「10月が終われば、今年もあと2か月しかない」ということです。1年が経つのがとても早くて、色々やりたいことがあるのに、まだまだやりきれていないなと思う常日頃です。時間が流れる早さには驚かされてばかりですね。