電気などについて修練しました。並列つなぎなら1つの電気器機が切れてもほかの器機は使えます。ブレーカーは、一定以上の電流が流れると無事故のために自動的に交替が切れます。所帯に過ぎる電流は、伝達といいます。伝達の利点は、電圧を簡単に変えられるので電力運搬に都合が良いだ。上、簡単に直流に変えられます。たこ徒歩配線は、電流が集中して危険です。電力に時をかけたものを電力音量といいます。ジュールの法則の種類は、高温=電力×時だ。電力音量は、電熱線から真に発生した高温を表しています。1J=1W秒だ。電力音量計には、家庭で消費した電力音量が記録されていらっしゃる。1か月ごとに実利を調べると、その月に消費した電力音量がわかります。また、案内書類やレシートにも電力音量が書いてあります。このようなことを修練しましたが、知らないこともたくさんあったので、益々電気の実態に関して引っかかるなと思いました。いとも勉強になりました。http://www.fndg.co/aiful/aiful-sokujitsu.html

 現在、風邪を引いておりましてとにかく何もできないので、しようとしてもできないので、エッセイを読んでいます。
 今読んでいるのは、河出書房新社の「おいしい文藝」シリーズの中の一冊、『こんがり、パン』。これはある食べ物をテーマに、それにまつわる文字通り古今東西のエッセイを集めた、食べ物エッセイ好きにはたまらない本です。
 読もうとしてまず目を奪われるのは、表紙の絵。とても美味しそうなパンが3つ並んでいる絵です。写生の絵なのに、とってもリアルで、美味しそうで、口の中に唾が湧き出てきます。
 そして、読み始めると、様々な作家、エッセイスト、著名人のパンにまつわるエッセイが、ぎっしり詰まっています。最初から読んでもよし、好きな作家から読んでもよし。昭和の昔から平成の今まで、様々な人たちが、ちらっと読むのにちょうど良い長さで、パンにまつわる思い出話や最近の話を書いているのが、心に柔らかく落ちてきます。
 私的には、食べ物エッセイは、何もできないときの最後の手段です。普段読むには軽すぎるのです。それと同時に、しんどいときも一つくらい楽しみがあった方がいいいだろうと思うからです。キレイモ支払い方法