プレートなどについて訓練しました。古生代の後述以来、中国南部の大陸宴会の南側の海溝で海のプレートの衰弱が続き、板状の交付体躯が大陸宴会の海側に、順次下からはりつくようにつけ加わっていきました。共々内陸の火山弧(火山前線の消息筋)の直下ではマグマが貫入して花こう岩が加算され、交付体躯と花こう岩のとれる場は徐々に海側に退職し大陸が成長していきました。こうして中国南部の大陸宴会は約5億通年に400kmほど海側に幅を広げ、現在はアジア大陸の東岸に位置する津々浦々列島の内容となりました。元々困難活動的であった造山帯も、プレート境界の界隈が徐々に移動することによって、やがて大陸内輪に取り込まれて安定化します。こうして永年安定化した大陸地殻を、安定要素宴会(安定大陸)といいます。安定要素宴会の取り分けとくに古く、その地形が盾を伏せたような格好をした場所は盾状要素とよばれています。知らないことを知れて良かったなと思いました。